コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。

ペーパードリップ

よりおいしくコーヒーを入れるための方法、ここでは【ペーパードリップ】をご紹介しています。

フレンチプレス ペーパードリップ

ペーパードリップは文字通り紙を使ってコーヒーを入れる方法です。上の画像のような器具にろうと状の紙を入れてその中にコーヒー豆(粉)を入れて、上からお湯を注ぐというものです。
コーヒーの入れ方としては最もスタンダードなものです。ここでは、ペーパードリップを使った美味しいコーヒーの入れ方を説明していきます。

美味しいペーパードリップコーヒーを入れるための道具、手順

用意する道具 コーヒーポット、ペーパーフィルター、コーヒーセーバー、ドリッパー
用意するコーヒー豆
・挽き具合 細〜中粗挽き
・焙煎度合 ハイロースト、フルシティロースト
・豆の量 約12〜13g(1杯分)

【1.コーヒーセーバー/コーヒーカップをあたためる】
お湯を沸かしてコーヒーセーバーやコーヒーカップなど温めます。コーヒーをおいしく入れる為の基本と考えて良いでしょう。せっかく入れたコーヒーを冷めにくくするためです。好みの温度で抽出する事ができます。

【2.ペーパーフィルターの下の部分を折り曲げる】
ペーパーパーフィルターの下方(フィルターからコーヒーセーバーへドリップしていく部分)を折り曲げましょう。ここを折ると、ドリッパーにセットする際にしっかりと密着するようになり、コーヒーが満遍なく抽出されるようになります。

【3.器具のセット】
あたためておいたコーヒーセーバーに、ドリッパーとペーパーフィルターをセットします。

【4.コーヒー粉を入れる】
人数分のコーヒー粉をペーパーフィルターの中に入れましょう。コーヒー粉の表面が平らになるように意識しながら入れます。

【5.お湯を注ぐ】
お湯が沸いたら、コーヒー豆表面の中央に少しくぼみを入れ、そこから外側に向かって円を描くようにお湯を注いでいきます。最初はやや少なめのお湯が良いでしょう。粉全体にしみこむ程度の少量のお湯を注ぎます。

【6.しばらく蒸らす】
コーヒー豆の表面が少し盛り上がってきたら、一旦注ぐのをやめて、約30秒ほど蒸らしましょう。
この蒸らしはコーヒーの粉全体にお湯をしみこませることでお湯を通りやすくする働きがあります。蒸らしをしないとお湯を注いでも成分が抽出されないのでうまみが引き出せません。
蒸らしができると粉がドーム状に広がるのが確認できるはずです。

【7.再度お湯を注ぐ】

中心から円を描くように外側まで注いだら、内側へ戻るように円を描きながら注ぎます。蒸らしが十分にできていればコーヒーの味が良く出やすいので、この時にはお湯をたっぷり注ぎましょう。

ポットはなるべくコーヒー豆に近づけて、お湯の量はムラができないように一定に、まっすぐ上から落とすように入れます。また、お湯がペーパーフィルターに直接かからないように気をつけましょう。
ドリップして表面が引いていくのを確認したら、再びお湯を注ぎます。表面が再度盛り上がったら、先ほどのように注ぐのを一旦やめます。コーヒー豆が十分抽出されるまで、数回この工程を繰り返します。5回〜6回ほどが適当です。完全に抽出されたら、あらかじめあたためておいたコーヒーカップに注いで出来上がり!

 

以上です。これでペーパードリップによる美味しいコーヒーが抽出できたはずです。

 

コーヒーの美味しい入れ方とそれぞれの特徴

ペーパードリップ
ネルドリップ
サイフォン
フレンチプレス
マキネッタ(直火式エスプレッソ)

 

スポンサーリンク