コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。

エスプレッソメーカー

エスプレッソが簡単に作れる!【エスプレッソメーカー】をご紹介します。エスプレッソメーカーは【電気式】【直火式】に大きく分ける事ができます。それぞれのメリット、デメリットを比較してあなたにおすすめのエスプレッソメーカー選びをお手伝いします!

≪エスプレッソメーカー それぞれの特徴について≫

エスプレッソマシン
エスプレッソメーカー エスプレッソ用に細かく挽かれたコーヒー豆をタンピング(フィルターホルダー先の金属製バスケットにタンパーで均等にコーヒー豆を入れる事)しマシンにセット。オンにすると、圧力でコーヒーが抽出されます。

エスプレッソマシンの種類により仕上がりは変わってきますが、黄金色の泡「クレマ」が浮かぶのがマシンで淹れたエスプレッソの特徴です。

エスプレッソマシンには、抽出時間や圧力などを手動で調整できる
ものもあり、自分好みのテイストで淹れる事もできます。
【メリット】
・操作、取り扱いが簡単。
・種類が豊富なため、コーヒー豆の種類や汎用性の幅が広い。
・エスプレッソの特徴である泡(クレマ)が作りやすい。
【デメリット】
・設置場所が固定され、場所をとる。
・直火式マニュアルエスプレッソメーカーに比べ高価。
・動作中の音が気になる機種もある。
【種類】
・蒸気式
比較的リーズナブルだが、抽出方式は直火式と同じ。
・ポンプ式
一般的に「エスプレッソマシン」と呼んでいるものはこのタイプが多い。価格の幅が広い。
・レバーピストン式
レバー操作で抽出するので圧力の調整が可能。上級者向きで高価なものが多い。
・全自動式
コーヒー豆のグラインドから抽出まで一連の操作を自動で全て行う。種類豊富。
・手動式
挽かれたコーヒー粉を手動でフィルターにセットする最も一般的なタイプ。コーヒー豆の選択幅や汎用性の幅が広い。
・ポッド式
コーヒーの粉が紙フィルターにパックされているもの。種類の幅が広い。
・ネスプレッソ式
ネスレ社の独自規格。抽出には専用のマシンが必要。
・モバイル式
フランス・ハンドプレッソ社の独自仕様。抽出に加熱させる電源や熱源が不要のため、お湯があればどこでもクレマのあるエスプレッソを楽しむことができるとしている。

エスプレッソマシンの人気ランキングはこちらより→

直火式マニュアルエスプレッソメーカー(マキネッタ、モカエキスプレス)
マキネッタ 直火式の抽出器(マキネッタ、またはモカエキスプレス)をコンロの上に直接置いて加熱し、発生する蒸気でコーヒーを抽出します。

抽出器の底は「ボイラー」と呼ばれる水タンクになっており、下から加熱する事で沸騰したお湯が蒸気となって、コーヒー粉を入れたフィルターを通り、その上にある「サーバー」に溜まってコーヒーができます。

フィルター(バスケット)には円盤状の紙フィルターやネル(布)が使われます。
コーヒーの分量は、一杯用〜多人数用など器具の大きさで決まります。
【メリット】
・場所を取らない。
・小型で持ち運びに便利なため、キャンプなどアウトドアでの使用も可能。
・電気式エスプレッソマシンに比べて価格がリーズナブル。
・音が静か。
【デメリット】
・エスプレッソマシンに比べ抽出圧力が低いため成分が偏る場合があり、味や香りが若干劣る。
・蒸気圧を利用して抽出するため、「クレマ」(エスプレッソ特有の泡)が立ちにくい。
・コーヒー豆のセットから沸騰まで一回ごとに手間がかかるので、連続抽出が面倒。
【種類】
・マキネッタ(モカエキスプレス)など

マキネッタ(モカエキスプレス)のお取り寄せはこちらより→

スポンサーリンク